流れる日々を見つめる旅

毎日の流れていく日々を見つめ、少しずつでも精神レベルを高めて、良い人格の人間になっていきたいと思いました。

2016-5-5  オンボロのバンの中で月8万円の車中生活を送るメジャーリーガー(ダニエル・ノリス)  

以前、見かけた記事で、以下の記事に出てくる、オンボロのバンの中で月8万円の車中生活を送るメジャーリーガー(ダニエル・ノリス)さんが面白いなと思いました。

 

minimarisuto.jp

 

 

ダニエル・ノリスさんはブルージェイズのメジャーリーガーとして高い三振率を誇り、ナイキと契約しているスター投手なのですが、普段はオンボロのバンの中で月8万円の車中生活を送っていて、フロリダのウォルマートの駐車場やフロリダの海岸でバンの中で生活を送っているそうです。

 

そのような生活を送る理由は、「他人のコード(掟)に順応するのを防ぐため」だそうです。


アメリカの消費社会は、資本主義の大量消費の構造が良くも悪くも色濃い印象だったのですが、ダニエル・ノリスさんの生活は、大量消費の資本主義社会の中にあって、自分のペースを守って生活することを大事にしている印象を受けて、ユニークな人だなと思いました。

 

試合が終わると、スーパーで食材を買い、フロリダのお気に入りの海岸に向かい、サーフィンを楽しむ。

 

オフシーズンには地元のアウトドアショップで週40時間働いたり、一人で放浪したりする。

 

チームと数億円の契約を結んだあとも、同僚はブランド品を買い漁ったのに、ダニエルさんは1000円程度のTシャツを買っただけでした。


メジャーリーガーらしからぬ生活を自分のペースで送る、ユニークな人だなと思いました。

 

今は、何が自分にとって本当に必要なのか、自分で考えることが重要な気がします。多くの人が欲していても、自分にはそれは本当に必要なのかどうか、時々振りかえってみて、本当に必要なものだけを手に入れるようにすることが大事な気がします。

 

結構、僕も本当に自分に必要でないものまで必要なように思わされてしまいがちです。大量に押し寄せる情報に振り回されていると、必要でないものまで欲しいと思わされてしまいがちだと思います。

 

そんな中で、ダニエル・ノリスさんのような人もいると思うと、ちょっと自分の生活を振り返ることが出来るなと思います。

 

自分にとって必要なものは何なのか、ときどき自問自答する時間が必要だとこの記事を読むと思います。